読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マカロニ。

おたく魂をぐつぐつ煮込んで(twitter:@maromayu2427)

ヒモにしたいジャニーズ BEST8

妄想

先日見つけたこの記事、赤べこモード*1で読みました。

joshi-spa.jp

 もーこれを読んで以来妄想が止まらないので、この思いを成仏させるために記事を書きます!何人か偏見が過ぎる人がいるけど私の妄想だから許してね!!

 

ヒモにしたいジャニーズ BEST 8!*2

 

第8位 マリウス葉

「ねえ、お小遣いちょーだい♡」ってあざとく言われたい。お小遣いの使い道なんて聞かない。家のなかで可愛くいてもらうためにモコモコパジャマとか超充実させると思う。無駄に良い一眼レフ買ってイベントごとにコスプレさせて撮影大会!そんで「はい、撮影料♡」って出された両手に万券を置きたい。幸せ。

 

第7位 小山慶一郎

「朝ご飯は絶対アップルパイとロイヤルミルクティーね!」というお達しを守るために、旬じゃない時期でもアップルパイに向いたリンゴを探しまわるし、何ならミルクティーに合う茶葉を扱う農園ごと買い取ってみせるしその為にダブルワークトリプルワークこなしてボロボロになりたい。アップルパイとミルクティー食べて「いってらっしゃい!」って見送られたあとはどこに出かけてるかわかんないし、月火水木の午後に4チャンネルで似たような人を見かける気がするけどそんなことを考える余裕もないくらい慶ちゃんに尽くしたい。

 

第6位 手越祐也

料理作ってても掃除してても「抱かせて~‼(ビブラート)」って絡んでくるから気が抜けない。女磨きを極めなきゃいけないから女子力高くなるけどヒモの顔面偏差値が高すぎて毎夜絶望する。仕事が忙しくて精神的にギリギリでヒモに癒してほしいんだけど、逆にベッタベタに甘えられてそんな隙が無くて幸せ。

 

第5位 田口淳之介

「ねー、お小遣いちょうだい♡」ってあざとく言われたい(2回目)。基本テレビ見てるかゲームしてアハハハ笑ってて、気まぐれに買い物とか行くけど絶対自分ものしか買ってこない。お小遣いねだられるけど苦しくて渡す額が少なかったりすると「ふーん…」って言葉少なに冷たい目で見下されて、その日仕事から帰ってきたらじゅんのが居ない。携帯もつながらないし2、3日帰ってこない。寂しくて寂しくて「ごめんね、仕事増やしてお金もっと稼ぐからお願い帰ってきて」って嗚咽混じりの留守電入れたら「僕のありがたみ、わかった?」って鬼畜スマイルで帰ってきてほしい。

 

 第4位 伊野尾慧

気が付いたらいつのまにか居座られていて、本名が本当に伊野尾慧なのか、むしろ本当に人間なのかわからないまま部屋に置きたい。朝起きたらぼーっと座ってるいのちゃんの前にトーストとコーヒー出して、たまに試しに焼いてない素食パンとか出してみるけど気にせずもぐもぐ食べてる姿とか窓際で電波受信しながらクワズイモを愛でてる姿を存分に眺めていたい。仕事に行ってる間のいのちゃんを見たくてWEBカメラとか設置してみるけど、ジャミングが入ってどうがんばっても映像が見れない。たまに3日くらいいなくなるときがあるけど、いつの間にか家に戻ってきて見知らぬ鉱物が玄関に増えていたりする。

 

第3位 横尾渉

ヒモっていうか主夫?プロ主夫?これ使っていいよってクレカ渡しても食費と調理器具くらいにしか使わなくて、疲れて家に帰ったらレストラン顔負けの食事が待ってる。洗濯物も色物素材別にしっかり分別して洗ってくれるしいつも部屋はぴかぴか。たまに雑炊と茶碗蒸しが食べたいがために風邪ひいたフリをして看病されたい。そんな彼に感謝のしるしとしてカラオケに連れ出して、音痴とリズム感の無さをカラオケ機の採点結果をもとにネチネチといじり倒したい。

 

第2位 増田貴久

キレイ好きの彼のためにまっすーの見てないところで掃除しまくって悦に浸りたい。だけど「ウエットティッシュきれてるけど替えどこー?」って無邪気に聞かれて、自分のうかつさに泣く。たまにまっすーの財布にそっとお金を忍ばせておいて「あれ?お金が増えてる!これで服買えるね!」と喜々として出かける背中を見送って、買ってきたオシャレが過ぎる服の自慢やうんちくをうんうんとひたすらに誉めそやしたい。一日の終わり、お風呂上りのまっすーにタオルとパジャマを差し入れる建前で脱衣所にスタンバってあの胸板を堪能するけど、寝床は絶対に一緒にしてくれない現実にシクシク泣きながら夜を明かしたい。

 

第1位 加藤シゲアキ

プライドの高さ故に「小説書いてるからヒモじゃねぇし!いつか賞とるし!」って拗ねるシゲアキを「うんうんシゲちゃんすごいね」ってヨイショしまくりたい。彼の才能を信じてて絶対賞もとれるよって思う一方で、賞なんか採ったら世間にシゲアキが見つかっちゃうのが怖くて「たまには釣りでリフレッシュするのもいいんじゃない?」なんて言って絶妙なタイミングで小説書くのを妨害して自分だけのシゲアキを守りたい。釣りに行ったはいいものの釣果があがらなくて魚屋で買って帰ってきたシゲアキをからかって怒らせてハマグリグリグリされて、それで許してもらえたと思ったら思いのほかまだすっごい拗ねてるシゲアキの背中を風呂で流したい。

 

 

こんなヒモが居たら絶対今より頑張れるよなぁ落ちてないかなあ。頑張れても絶対幸せになれない人が何人かいるけど。大丈夫か私

*1:頷きが止まらないの意

*2:BEST5にしようかと思ったけど自担Gで4人埋まっちゃうので8にした